漫画、映画、アニメの短文感想。たまに考察

karaxの駄文

漫画、映画、アニメの短文感想。たまに考察。

【アニメ感想】スクールガールストライカーズAnimation Channel 01話

 http://sgs-anime.com
原作ゲームプレイ済み。
アニメのノリとしてはSF魔法少女って感じ。
世界観の説明をもっとやってもいいと思ったけど、そんなこと気にしなくて可愛い女キャラのアクションを楽しんでっていうキャッチーな導入。
ゲームにもシャワー室の実装をお願いしたくなる。
敵のオブリさんが凄く手抜きデザインで素晴らしい原作再現度。その分戦闘描写はバシバシ動いていい感じで、ゲームで省略されていた連携攻撃がイメージ通りでカッコいい。
そして、改めて観ると衣装デザインが凄い。ベガチームのビキニコマンドーなんか凄くエロいぞ。
キャラや背景作画も好調でゆかこの肢体がやたら強調されてエロ女教師っぷりがたまらん。
これでcv浅川悠なんだから相当エロいキャラだと初見の人は騙されるはずだ。
椿芽の記憶やネコ隊長との関係などは徐々に明らかになるのかな?
まぁ猫はただの猫扱いでも別にいいが。

原作ファンとしての勝手な解釈で、スクストは別次元から侵略してきた謎の存在に対して、少女たちが別次元(別の可能性)の自分の力を借りてバトルスーツを装備して戦う作品。
ゲーム(アニメ)では簡略化されているけど、僕の中ではGANTZみたいに一瞬マッチョになって敵の返り血や臓物を浴びながら戦ってますから。ハードSFですよ

 

 

アルタイル・トルテ/未来系ストライカーズ(美山椿芽(CV:石原夏織) ver.)

アルタイル・トルテ/未来系ストライカーズ(美山椿芽(CV:石原夏織) ver.)

 

 

Lostorage12話(終)

里見のコイン技コピーもすず子のホーネストを自分にかけるのも盤外戦術の連続みたいでズルくて笑える。でもこれが今回のwixrossバトルっぽい。

千夏が自分のコインをすず子に渡すのもルールなんてはじめからあってなかったようなものでいっそ清々しいな!

里見対すず子決着とすず子と千夏の未来。バトルを楽しみたいだけの里見はちょっと前作のタマの初期みたいだ。

最後、千夏が記憶を失っても、1から2人が関係を作っていけるのはバトルによって心が通じ合ったから、すず子が成長したからだよなぁ。

バトルはまだ続いているし、前作の怨念が新たなカードバトルを生んだから、今回オカマになっちゃった男の呪いが新たなバトルを生むのか…。

美少女の活躍はもちろん、里見の顔芸のおかげでドラマが盛り上がったのも事実なので男が参戦したのは正解だったかな。

 

 

Lostorage 11話

すず子と千夏の決着。戦いを通して自分の弱さに思い出した千夏、だがその振る舞いがすず子を支えていた。

相思相愛なのは分かってたけど互いの複雑な想いを吐露し合う展開はスッキリした。

白井君が入り込む余地はなかったんや。

次で女子高生と楽しみたい里見を倒してお終いか。

Lostorage 9話 12/3

懐かしキャラが出演と思ったら、人死に+はんな様発狂で盛り上がってきた。

劇場版の綺麗なオチからどう繋げるかと思ったら、少女たちの想いが怨念みたいになってシビアなルールで再スタートって少女たちの想いが怖すぎるよ!

里見含めルリグのせいって展開もあり得るけど。

そんな絶望展開の序章が始まるなか清衣ちゃんの前作とコミカライズ展開含めた孤独な戦いが続いていた。

ホントこの娘が主人公だよ、頑張れ(殺人で捕まらないか不安だ)。

セレクターバトルを無くそうとしてる清衣とバトルで人間を苦しめ、混乱させる里見の戦いが始まる!のか?

バトルの真実を聞き、さらに入れ替わったルリグは願いがないので生きるのに飽きて死ぬ展開でどんどんちーちゃん追い詰められるな。

千夏はマイナスヒロインとして株を毎回上げていくな。かわいそうだが可愛い。

勝ち抜けはんな様発狂でメガネっ娘が不幸になるのはお約束か…

DRIFTERS 9話

ドワーフ工城攻略&解放。

信長のウンコが爆薬になって降ってきて、ハンニバルおじいちゃん、与一、豊久、オッパイーヌそれぞれが能力をフルに生かして戦闘するある意味総決算な内容。

信長が伝達水晶の機能に驚くシーンが好き。既存の力を別ベクトルに使う、意識の革新が起こるのが面白い。
豊久がしっかり与一の行動に気づいていて、追撃不要を伝え、ドリフが仲間になっていく感じがいいな。

Lostorage 8話

千夏の迷いと里見参戦回。

千夏の前に進むってことは経済的、精神的な自立であり、過去の人を助ける行為は依存であり自分の弱さから来る行動と捉えているのかな。

それでも随所に甘えん坊なところを見せるちーちゃんはいいキャラだ。清衣ちゃんも本格参戦で前作とどう繋がってるのか楽しみ。

 強くなるというすず子の決意は、弱い存在がそこから脱する、確証のない希望であって千夏がすがれるものではないのがなー。

心より金って感じでエグい。

そんな少女たちの決意をよそに、シスコン・ジョースターさんを盤外戦術で追い詰める里見の変態バトルが全部持っていった。

Lostorage 7話

スイーツを貢いではんな様を落として強くなるすず子と闇金サトミくんの元で契約取ってくることで自分を解放していくちーちゃん。

金で友情を買ってるはずなんだけど、天然キャラゆえに周囲はそんなことに全く気付かない、むしろ戦う決意をしたことで愛され系として応援される…すず子恐ろしい子っ!

一方ちーちゃんはバトルの勝利をエサに、恫喝したり、色仕掛けで契約迫ったり本当に恐ろしい子に。悪女というか少女の向こう見ずな現実逃避って感じの行動なんだけど、作画の艶っぽさと井口裕香の囁きが色っぽくてこちらから契約をお願いしたくなる。
記憶が消えることは自分でなくなることという白井くんの感覚は、記憶を失うことで自分を解放していく千夏にとって結構逆鱗に触れる発言だったのかも。